様々な分析が可能な為替チャート

チャートは全ての取引の基本

contents_image

為替チャートは、FX取引における全ての基本となります。リアルタイムなレートを追う時に利用するのは勿論、過去分のレートも一定期間分を参照することが可能です。後に説明しますが、FXで売買を決定するための分析方法は大きくテクニカル分析とファンダメンタル分析に分けられます。このうち特にテクニカル分析のコンセプトは、「過去のレート変動から、近い将来の変動の方向・量を見極める」ことになります。また、テクニカル指標の多くはチャート上に過去データを参照した結果のグラフを表示することで視覚的な分析ができるようになっています。さらに、ファンダメンタル分析をするにしても、レートの最大・最小値などの基準は最低限あったほうが良いでしょう。
つまり、どんな取引の仕方をするにしても、FXと為替チャートは切っても切り離せない関係だということです。

相場分析の基本的な考え方

FXを行う際、大前提として理解しておかないといけないことがあります。それは、「為替レートは群衆の総意で動く」ということです。為替レートは、何らかのシステムで動かされているわけではありません。資産規模の大小はあれども、外国為替市場に参加している投資家の「買いか売りか」という判断のどちらが金額的に大きいかによって、その時々のレートは決定されます。つまり、特に小規模な投資家にとっては「いかに多数派の投資家と同じ判断ができるか」が勝敗の分かれ目となってくるということです。となると、他の投資家が基本として使っている分析ツールくらいはまともに使える必要がありますよね。判断の材料が異なれば結果も異なってきます。上述の通り、どんな投資家でも為替チャートは確実に利用します。まずはレートの読み方から1つずつ学んでいきましょう。

関連記事一覧

ページトップ
当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は
広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。