FXと外貨預金や外貨両替の違い

売買手数料が圧倒的に安い

contents_image

FXの大きな特徴として挙げられるのは、売買手数料が圧倒的に安いということです。外貨預金や外貨両替との違いが分からない、という方は実際に比較してみると良いでしょう。
一般的な外貨預金の片道売買手数料、つまり外貨を購入した場合の手数料は数十銭から数百銭の水準となります。これは業者や取引する通貨ペアにより変動します。(具体的には図を参照してください
例えば米ドル円の外貨預金を行う場合、大手の銀行であれば100銭/1米ドルの手数料がかかります。1米ドル=100円だと仮定して、100万円分の米ドルを購入の上預金すると考えましょう。この時、手数料がなければ1万米ドルがあなたの外貨預金口座に入金されることになります。しかし実際には1米ドルごとに100銭(=1円)の手数料がかかりますので、1万米ドルであれば1万円の手数料が引かれることとなります。つまり、あなたの預金口座には元での100万円から1万円を引いた、99万円分=9,900ドルが入金されます。
尚、外貨両替の場合で考えれば、一番安い両替でも1米ドルあたり3円程度の手数料を取られてしまっています。これは上記の外貨預金と比較しても3倍のコストがかかっていることになります。
一方でFXの場合、売買手数料は現在の平均的な水準は無料です。つまり、提示されているレート通りの外貨を買うことができます。100万円分の米ドルを買う場合、外貨預金と比較すれば1万円分のコストカット、外貨両替に至っては3万円分のコストカットとなります。
ただし、注意しなければいけないポイントがあります。FXは飽くまで外貨の売買による「差金」での利益を追求するサービスですので、100万円分の米ドル円の買いポジションを取ることは、100万円分の米ドルを自分の資産として保持することとは全く異なります。簡単にいえば、FXで100万円分の米ドル買いポジションを持っていたとしても、1万米ドルを口座から引き出すことはできません。

柔軟な取引が可能なFX

その他にも、FXには独自のメリットが沢山あります。代表的なところを以下に箇条書きで記載します。

・FXでは元手資金の最高25倍までの外貨を取引することができる
・FXでは米ドルを持っていなくても、米ドルを「売る」取引を行える
・主要通貨以外の様々な通貨で取引が可能
・FX業者に預け入れた金額は金融商品取引法で保全される
・通常、預金では満期にしか受け取れない金利が日ごとに受け取れる(スワップポイント)
・外貨預金では預け入れている時点で税金が源泉徴収されるが、FXでは為替差益と金利の合計がプラスの場合だけ税金を払う
・FXでは月曜日~土曜日の午前中まで、24時間いつでも取引が可能

いかがでしょうか。単純に為替差益もしくは金利による利殖を狙うのであれば、外貨預金よりもFXの方が魅力的ではありませんか?

預金等と比べてリスクはあるFX

FXのデメリットとしては、預金等と比べてハイリスクである点が挙げられます。具体的には、次のような点がデメリットと言えるでしょう。

・売買が上手く行かない場合は投資額がゼロになる可能性がある。
・強制ロスカットのタイミングが間に合わず、元本以上にマイナスになる可能性がある。
・システムトラブルなどにより売買ができずに損失を被るリスクがある。

上記デメリットがありますが、基本的には投資金額以上にマイナスになることはありません。

関連記事一覧

ページトップ
当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は
広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。