FX取引の舞台、外国為替市場とは?

2種類ある外国為替市場

外国為替市場には、為替銀行と顧客が通貨を交換する「対顧客市場」と為替銀行同士が通貨を交換する「銀行間市場(インターバンク市場)」に分けられます。
為替銀行の顧客には、個人や一般企業が含まれ、商品の輸出入を行っている貿易業者を中心として、運賃、保険料、利子・配当金、海外旅行費用などの経常的に経済取引を行っている者や、外国証券投資、外国直接投資、外国貸付け・借入れなど金融取引を行う者が含まれます。また、外国貨幣の交換を行う両替所も為替銀行の顧客に分類されます。
為替銀行は、上記のような対顧客市場で行った為替取引によって生じた外国為替の持高や資金の過不足を調整する必要があるため、為替銀行同士が外国為替の売買を行います。この為替銀行間の取引を銀行間取引といい、その市場を銀行間市場(インターバンク市場)と言います。銀行間市場における取引には、外国為替ブローカー経由で行われるものと、為替銀行が相互に直接取引を行う直取引とがあります。

対顧客市場の参加者

?機関投資家
外国証券投資、外国直接投資、外国貸付け・借り入れなどを行う機関投資家。生命保険会社や損害保険会社、年金基金や投資信託の運用者などが該当します。この機関投資家は莫大な資金を運用していますので、対顧客市場の重要な参加者と言えるでしょう。
?商品の輸出入を行っている貿易業者
海外に商品を販売している企業、海外から商品を仕入れている企業のいずれも現地通貨から自国通貨に換算する必要があります。例えば、自動車産業や商社といった超大企業が該当し、経済活動は1年を通してずっと続きますので、その取引高は相当な金額に上ります。特に、近年では海外販売比率が高まっており、取引高は上昇していくと言えます。
?個人
海外旅行に行く際に現地通貨に円を両買いするときに外国為替市場で取引をしていることになります。なお、両替所も最終的には両買い手数料で儲けているので、為替銀行と取引をしていることになります。

銀行間市場(インターバンク市場)の参加者

?中央銀行
日本では日本銀行(日銀)になり、必要に応じて為替市場に介入したりすることがあるので銀行間市場(インターバンク市場)の参加者ということになります。
?為替ブローカー
銀行に代わって為替の売買を行う業者です。銀行間取引は各銀行が必要としている通貨を必要としているだけ入手する必要があり、為替ブローカーに仲介してもらわないと自分で銀行を見つけて取引することになります。
?短資会社
為替ブローカーと似た機能を持ち、銀行同士の為替取引の仲介業者です。
?電子ブローキング
コンピューターシステムによって為替売買を繰り返す業者です。人件費がかからないため仲介手数料が低く、近年増加傾向にあります。

外国為替市場はどこにあるのか?

実は外国為替市場というのは場所的には存在しません。株式の売買を行う証券取引所などは実際に場所が存在しますが、外国為替市場というのはこれまで上記で説明してきた仕組みのことをさします。

外国為替市場での取引時間

外国為替市場は実際には存在しませんので、24時間取引したい人同士が取引することができます。ただし、国によって商業活動が行われる時間帯があるので、必然的にその時間での為替取引が多くなり、9時から17時までを「東京外国為替市場」と一般的に読んだりするのです。なお、日本時間で16時から翌2時までを「ロンドン外国為替市場」、21時から翌6時までを「ニューヨーク外国為替市場」と呼びます。

外国為替市場の取引規模

?国別
1日当たりの為替取引量が最も多いのがイギリスで、約3兆ドルの取引量になっています。実に世界の40%の取引をイギリスが行っており、イギリスの首都であるロンドンが世界の為替市場をリードしていると言えるでしょう。次いでアメリカが1.3兆ドル、シンガポールが4千億ドル、日本も4千億ドルとなっています。
?通貨別
通貨別でみるとドルが圧倒的な取引量を誇っており、全体の約90%がドルとなっています。

関連記事一覧

ページトップ
当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は
広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。