資金以上のお金を動かせるレバレッジとは

資金の25倍の外貨を取引できる

FX取引の大きなメリットでもあるのが「レバレッジ」を効かせた取引です。レバレッジとは英語で「てこ」の意味です。てこを利用した時に、実際に掛けた力以上の重さの物体を動かせるように、FXでも実際に持っている資金以上の金額の取引を行えるということです。その倍率は実に25倍。つまり、4万円の資金しかなくても最大100万円分の外貨を取引できるということです。逆に考えることも可能で、10万円分の取引をしたいと考えた時でも、4,000円だけあれば取引できてしまうということです。
具体的に考えてみましょう。最近のFX会社の多くでは1,000通貨単位の取引が可能となっています。仮に1米ドル=100円だった場合、1,000通貨単位の取引を行うためには10万円が必要になります。しかし、25倍のレバレッジをかければたった4,000円で取引を開始することができるのです。これが、多くのサイトで「FXは4,000円あれば始められる!」という風に書いてあることの理由です。

レバレッジを利用するリスク

しかし、レバレッジを掛けられることはいいことばかりではありません。簡単にいえば、レバレッジを掛けた分リスクも大きくなる可能性がある、ということです。4,000円しか持っていない場合に10万円分の米ドルを取引するとしましょう。100円/米ドルのレートで1,000米ドルの買いポジションを持ったにも関わらず、1ヶ月後には95円/米ドルになってしまいました。この時のあなたのポジション評価額は95,000円です。つまり、5,000円分の損が出ています。この状況では、4,000円しか入金していないのに、5,000円の損が出てしまいました。
レバレッジを掛けない場合、FX取引では自分の資産を全て失うということはあまり考えられないのですが、資産評価額が0になるのは、自分がポジションを持っている通貨を発行している国が債務不履行に陥った、つまり潰れた場合などが考えられます。しかし、高いレバレッジを掛けていた場合には普通に取引していてもその可能性があるのです。
勿論FX会社も、FXを行う投資家の保護のために対策を行っています。ユーザー側で取れる対策としては、「損切り」のラインを設定しておくことができます。また、最悪の場合にはFX会社による強制的な損切りである「ロスカット」が執行されます。これは、損額が預入れ金額の一定割合まで増えるとシステム的に行われる措置です。
しかしごくまれに、システムでも追いつかないレベルのレート変動が起きることもあります。このような場合、レバレッジを掛けていると全入金額を失う可能性もあり、さらにはロスカットタイミングによって全入金額以上の損失が確定されてしまうことがごく稀にあります。レバレッジを掛けるときには自分の資産と相談した上で慎重に行いましょう。

関連記事一覧

ページトップ
当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は
広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。